占いを利用して相手との相性を調べてみよう

好きな相手がいる際に、どうしても自分と相手の相性が気になってしまいます。相性が悪いと付き合っている時にはなんともなくとも、同居や結婚などで一緒に生活する際に相手のマイナスな点を見つけてしまい、むかつくなどの気持ちが生まれ、そこから破局へ繋がる恐れもあります。

相性占いに使われる九星気学とタロット占いを比較

九星気学

九星気学は生年月日を使って、自分の運命星と呼ばれる星を調べて占う方法になります。また、様々な占いが1つになった形とされているため、様々な点から自分や相手を占うことができるため、相性占いにもよく使われています。

タロット占い

タロットでは様々なカードを使うことで、運勢や未来などを占うことができます。また、自分と相手の生年月日を伝えることで、2人の相性も調べることができます。

オーラを診断して占う方法もある

相手との相性を占う方法には、オーラ診断と呼ばれる占い方法もあります。生き物には体から微弱なエネルギー体が発せられており、そのエネルギー体に色がつくとオーラと呼ばれるものになります。このオーラの色によって相手との相性も変わってきます。

占いで診断できる内容

水晶

相性占い

占いでは自分自身のことだけでなく、自分とパートナーとの相性を診断することもできます。そのため、2人の今後が気になり、相性を占う人も少なくありません。もしも結婚して旦那さんになる人との相性が悪いと、モラハラやDVなどを受けてしまう可能性もあります。

運勢占い

自分の運勢を知りたいと感じる人は多くいます。確かに占いでは100%未来がわかることがありませんが、占いでこういった未来があるかもしれないと知ることで、対策や予測ができるようになります。

金運占い

自分の金運がどれほどかを知りたいと考える人は少なくありません。金運占いで自分の金運を知ることで、お金の使い方なども注意することができます。

相手との相性を占うために九星気学やタロットを使ってみよう

男性

占いでマイナスな事もプラスに変えられる

占いでは様々な診断をおこなうことができます。中にはマイナスな内容の診断がされる場合もありますが、きちんと占い師に対策方法などをアドバイスしてもらうことで、プラスの方向へと変えることができます。

喧嘩

占いは100%当たるものではない

よく当たる占い師に占ってもらって結婚を決めたという話を耳にしますが、占いは必ずしも的中するものではないことを知っておかなくてはなりません。そのため、占い師の中でもルールがあり、それを守ることができていない占い師には注意するようにしましょう。

広告募集中